ランディングページ(LP)を作るべき理由はたった1つ、
それは『売上を上げるため』です。

そのために必要なのは
『正しく伝えること』であり、
私がそれを『形』にします。

なぜ成果の出ないLPが出来てしまうのか?

それは「なんだかよく分からない」LPだからです。

デザインがどうとか、上手いこと言おうとするキャッチコピーとか、ボタンの色がどうとか。
もちろんそれらも大事です。
ですが貴方のLPにたどり着いた人は、そもそも貴方の事を理解してくれているでしょうか?
LPを通じて、相手と「対話」出来ているでしょうか?

クエスチョンマーク

LPに明示するべき9つのポイント

  1. 貴方が「提供するもの」は何か?
  2. それによって顧客の生活が「どのように改善」されるのか?
  3. 購入しないことで「失うもの」は何か?
  4. 購入することで顧客はどのような「価値」を手にするのか?
  5. 誰が」それを提供しているのか?
  6. 貴方は「なぜ」それを提供しているのか?
  7. なぜ「他のものではいけない」のか?
  8. それは「いくら」で手に入るのか?
  9. それを「購入するには」どうすれば良いのか?

少なくとも、これだけのことを
「明確に」する必要があります。
私は貴方の代わりにこれらを言葉にし、
LPという「形」にします。

これらが明確にできていなければ・・・

「貴方である必要がない」

これらが明確にできていなければ、売り上げに繋がらないLPが出来てしまいます。
貴方のLPを見た人は、頭の中で「なぜ貴方を選ぶべきなのか」を明確にすることができないのです。
例えるなら、せっかく好印象を与えることができても「なんとなく良い人」で終わってしまうのです。
そうなれば業者を選定する時間も、LP制作・広告にかけた費用無駄になってしまいます。

しかしこれらを明確にできれば

「貴方でなくてはならない」

逆にこれができれば、貴方のメッセージは正しく伝わり、貴方のビジネスを支える柱の1本となるでしょう。
それは貴方の商品・サービスをよく理解した見込み客からのアクションをもたらし、貴方に継続的な利益をもたらします。

マーケティングの世界では、こんな言葉があります。
「マーケティングにおける正解は、市場にしかない」
LPのようなインターネット媒体はアクセス分析や内容修正が容易なので、PDCAサイクル(トライアンドエラー)を実施しやすいのが利点です。
それによって貴方は自身のビジネスが客観的に見ることができ、方針も立てやすくなります。

私が貴方のLP制作を担当します

ウェブドカタ代表 平岩

代表 平岩 務

私は元々Web系プログラマーでした。
ゲームが好きな私はプログラマーとして着実にスキルを付けていきました。
そしてシステムの要件定義(誰がどのような使い方をするかをヒアリングして、システムの仕様を決める)をするようになってから、「システムは人に使ってもらって初めて価値が生まれる」と感じるようになりました。
そして「人に届ける仕事をしたい」と思い、Web系の営業職に転職したのです。
営業マンになった私は、中小企業・個人店の経営者4,000人以上と商談をしてきました。
しかし私が営業成績がすこぶる悪かったのです。
なぜなら、会社の営業方法が詐欺まがいなものであり、私は嘘が下手だから。
「ならば多くの経営者を助けるため独立しよう!」と考えました。
元々のWebスキルを活かしてホームページ制作やWebマーケティングを猛勉強し、晴れて独立しました。
プログラマーとしてのスキルと、営業マンとしての問題解決力で、悩める経営者を助けます。

正直にお話します・・・

恥ずかしながら、うちはまだ立ち上げたばかりなので、まだお見せできる制作実績がほとんどありません。
また少人数組織のため、一度に多くの受注を受けたり、お客様一人ひとりにべったりくっついてサポートすることができません。

私にしかできない提案があります

私は営業職の経験から、貴方がた経営者のリアルな悩みの声を数多く聞いてきました。
Webや広告関連の悩みだけではありません。
求人や教育の悩み、原価の高騰や人口過疎化による経営不振の悩み、最近増えているややこしい税制度の悩み、体調や家庭、趣味の悩みまで。

一般的な制作会社は「サイトを制作するのが仕事」であり、サイトを使う人たちのことを知りません。
また制作会社の担当者はサラリーマンであり、経営者ではありません。
私は「貴方が貴方のお客様の課題を解決するのをサポートする」立場です。
私にとってのお客様は「貴方」であると同時に、「貴方のお客様」も私にとってお客様です。
これはうちにしかない、うちにしかできない強みです。

-うちでは以下の3つのことをしません -

  1. 自社の型にはめ込むような営業トークはしません。
  2. うちの制作実績を彩る目的で、貴方の意向にそぐわないデザインの提案はしません。
  3. 「制作年間〇〇〇件!」等を掲げる制作会社のような、流れ作業みたいな仕事はしません。
ホームページの制作例ならいくつかあるので、
参考にして下さい。
サンプルサイト1
サンプルサイト2
サンプルサイト3
サンプルサイト4
サンプルサイト5

LP制作の流れ

このページのフォームからお問い合わせ、打ち合わせ日程調整のご連絡、打ち合わせ(訪問・TV会議)、お見積り、見積り確認・発注、ワイヤーフレーム(骨組み)作成、デザイン作成、コーディング(組込み)、納品、製作費お支払い、サポート・広告運用(必要に応じて個別にご相談)

よくあるご質問

Q.

広告運用は自分でするので、
LP制作だけお願いできる?

もちろん対応可能です。

Q.

打ち合わせに訪問してもらえる?

当方は大阪ですが、なるべくお伺いするつもりです。
遠方の場合は別途ご相談させて頂くか、TV会議で対応させて頂きます。

Q.

納期は?

2週間~1ヵ月程度が目安となります。

LP制作費用

220,000 ~ 330,000円(税込み)

※打ち合わせにて個別にお見積り致します。
※LP制作後の運用やサポートに伴う月額費用等は、貴方のニーズに合わせて別途設定致します。

最後まで読んでくれて
ありがとうございます。

ここまで読んで下さった
貴方に感謝を込めて、
LP制作費15%OFF
のキャンペーンをご用意しました。
これはこのページの、
以下のフォームからお申込み
頂いた方限定
となります。

ただし、うちは少人数の組織なので
受けられる仕事の量に
限りがあります。

私はなるべくいい加減な仕事は
したくありません。

なので誠に勝手ながら、
このキャンペーンは
0/0(月)まで
とさせて頂きます。

※注文数が多くなった場合、
予告なくキャンペーンを
締め切らせて頂く場合があります。

予めご了承下さい。

LP制作費15%OFF
お申込みフォーム

貴社名・屋号名
お名前※必須
住所
電話番号
メールアドレス※必須
備考

個人情報の取り扱いについて

お問い合わせフォームへご入力頂いた氏名・メールアドレスおよびメッセージ内容に含まれる個人情報については、プライバシーポリシーに従い適切にお取り扱い致します。
お問い合わせの際は必ず以下の「プライバシーポリシー」をご一読頂き、ご同意のうえ送信して下さい。

プライバシーポリシー

1. 個人情報の利用目的について

当方は、個人情報を以下の利用目的に必要な範囲内で利用致します。以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。

  • ご相談・お問い合わせに対する回答や確認のご連絡のため
  • 個人情報を特定しない統計情報や事例検討に利用するため
  • ご本人確認のため
2. 個人データの安全管理について

当方は、個人データの漏えい、滅失または毀損の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

3. 個人データの第三者提供について

当方は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人データをあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。

4. 個人データの共同利用について

当方は、協力会社および個人事業主と共同制作する場合に限り、個人データを共同利用する場合があります。

5. 個人情報の開示・訂正等について

当方は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。
その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。
個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。
その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。
当方の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、問い合わせフォームよりご連絡くださいますようお願い申し上げます。

6. その他の注意事項

当方が運営するコンテンツや掲載広告などからリンクされている第三者のサイト及びサービスは、当方とは独立した個人情報の保護に関する規定やデータ収集の規約を定めています。

7. 本プライバシーポリシーの変更

本プライバシーポリシーの内容は変更されることがあります。 変更後の本プライバシーポリシーについては、当方が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

貴方には3つの道があります

  1. このページを閉じて検討を止め、「売上を上げるために何かしないと・・・」と悩む日常に戻る
  2. 他にもっと良い業者が無いかと、また途方もない時間を使ってネットサーフィンする(そして検討するのにうんざりする)
  3. コンタクトフォームから連絡し、売上を上げるための一歩を踏み出す

貴方のビジネスが更なる飛躍を
迎えることを心より願っております。

ウェブドカタ代表 平岩